リベルタは、チームの思いをデザインする

Fan
デザインフロー

  • HOME
  • デザインフロー
カッコいいオリジナルユニフォームをつくるために。

勿論カッコいいユニフォームがいいけれど、カッコいいってなに?
プリントして欲しい絵柄はいっぱいあるけど、どうやったらキレイに見える?
「デザインを持ってきてくれたプリントします!」そんな難しいこと言われても…。
「こっちで全てデザインします!」でも、自分のチームのオリジナリティを無視しないで…。
デザインは思いを大切にするものです。
リベルタは想いを大切にし、専属デザイナーが1チーム1チームのために、どこにも出来ないあたたかさを大切にデザインします。

まずはチームのコンセプトを決めよう。

チームコンセプト

オリジナルユニフォームを考えると
色や形など、悩み所がたくさんある。
でも、本当にカッコ良いユニフォームが作りたいのなら、
欠かせないのがコンセプト。

つまり、ユニフォームを通して
チームをどう見せたいのか考えてみよう。
「強く!」「クールに!」「可愛く!」「情熱的に」…

チーム名やチームの雰囲気をベースに
コンセプトを決めることは一般的には見落とされがちだけど
オリジナルユニフォーム作りの上でとっても大切な事なのです。

このページの先頭へ

下地となるユニフォームを決めよう。

下地を決める

チームのコンセプトを決めたら
おおまかなユニフォームの形と色を考えよう。

コンセプトにあわせて
「強く!」なら、シャープな形&ブラック…
「可愛く!」なら、丸みのある形&ピンク+ホワイト…
と、発想を膨らませてみよう。

より本格的で飽きのこないものにするためには
キーカラーと差し色をバランスよく使って
極力色を使わないで整えることが重要。
とにかくシンプルに!
無駄にごちゃごちゃしているようでは上手くまとまりません。

このページの先頭へ

世界に一つだけのエンブレムをつくろう。

エンブレムをつくる

次はチームの顔、エンブレムの作成!
最初に考えたコンセプトをしっかり頭に入れて
盛り込みたい要素を整理しよう。

エンブレムの基本的な構成要素は
「チームのイメージにあうモチーフ」
「チーム名」「チーム設立年」など。

色はユニフォームカラーをベースに考えて
差し色を上手く加えると効果的。
ただしエンブレム(紋章)としての品位が大切なので
こちらも、あまりごちゃごちゃしないでスッキリと。
全体のバランスを大切に。

このページの先頭へ

個性が出せるマーキングを決めよう。

マーキングで個性を表現

プレイヤーの個性が出せるのがマーキング
やはりコンセプトをベースに「ユニフォーム」と「エンブレム」の
色や形から総合的に判断して相性の良い書体を選ぼう。

書体の選び方としては大きく2つ
何年経っても飽きのこない「普通の書体」か
個性が際立つ「癖のある書体」。


チームのこだわりが出せるマーキングはあなどれない。


このページの先頭へ

最後にバランスを確認しよう。

仕上げのバランス

最後に、ここまで選んできたものを
1つの絵として見ながら全体をしっかりチェック!

「ユニフォーム」「エンブレム」「マーキング」…
形、色、大きさ、位置、それらがコンセプトに一致した
最適なバランスになるまで調整しよう。

この組み合わせで、効果的な形に整える作業が
実は「デザイン」するという事なのです。
ここでの調整が、最終的な出来を大きく左右します。

これだけで、チームに合ったカッコいいユニフォームは完成!

あとは、実際に印刷すると世界に一つのチームユニフォームの完成です!

このページの先頭へ
お電話でもお気軽にお問い合わせください。